帆布について


コシがあり丈夫で使い込むほど味の出る帆布。 その歴史は古く、古代エジプトにおいて亜麻帆布が作られ、船の「帆」として使われるようになったのがはじまりとされています。日本で最初に確認された帆布は、織田信長の帆船とも言われていますが、現存するものとしては播州高砂の人、工楽松右衛門(1743~1812年)が作ったものが最も古く、今も彼は日本の帆布の祖としてあがめられています。

やがて、明治(1868年)になると帆布は、鉄道貨物のシート、テントといったものから、お酒、醤油つくりのコシ布、あるいは、職人さんのもつ道具袋、牛乳配達袋、氷袋、一升瓶入、学生のさげカバンなど、さまざまな産業生活資材として大量に生産されていきました。 その代表的な産地の一つが、今も昔ながらの面影を残す、ここ岡山県倉敷市の曽原地域。 岡山県南部に位置し、「曽原」という地名は原野に帆布を干した「帆原」から由来するとも言われています。 そして、時代の流れと共に生活様式は変化し、その需要が減りはしたものの、今でも倉敷は数少ない帆布の産地として国産帆布の約7割を生産しています。

「はんぷ」とは、簡単に言うと平織りの厚い布のことです。この生地の特長は、通気性がよく、大変丈夫で使い込んでも生地がへたらず、使い込むほどに味が出てくることです。 また、強度を保つため経糸がほつれないように『シャトル織機』で織ることによって織物の両端に耳(セルヴィッジ)が出来るということも特長のひとつです。『シャトル織機』は主にヴィンテージジーンスの生地などを織るのに使用されている織機ですが、はんぷ屋さんではそのシャトル織機を使って帆布を製織しているのです。 素材は綿と麻が中心ですが、ユナイテッドビーズが使用している帆布は綿100%の綿帆布です。 一般的に綿帆布とは、経糸(たていと)、緯糸(よこいと)ともに10番手以上を使用したもので糊などのつなぎを一切使用せずに、経糸に撚り糸(数本の糸を撚った糸)を用いて平織りしたものをいいます。サイズは平方ヤード(91.5cm)あたり8オンス(約227g)以上の織物になります。 また、帆布には撚り合わせ数や密度により1~11号の厚さに分けられ、1号が一番厚手になり、11号が薄くなります。ユナイテッドビーズでは、6号、8号、10号、11号の帆布を商品により使い分けています。ユナイテッドビーズでは一般的な帆布生地の他に、先染め生地とコーマ生地を使用してバッグや、小物などを作製しています。

ユナイテッドビーズで使用している帆布は、「はんぷ屋さん」から仕入れております。 「はんぷ屋さん」は、1933年創業の岡山県倉敷市にある、歴史ある一級帆布を織ることができる数少ない工場のひとつです。撚り糸から製織まで自社工場にて一貫生産しているため、品質管理に大変優れており、国内外のトップブランドからの注文も後をたちません。 はんぷ屋さんでは、帆布のJIS企画(日本工業規格)がなくなって今でもJIS規格に沿って作っているので、外国産帆布では決して表現できない厚みと深い風合いが味わえます。
シャトル織機は、シャトル(杼=ひ)を左右交互に打つことによって緯糸入れをおこない製織する機構になっています。 この方法は、古くから行われていて、シャトルの打ち込みにエネルギーを多く消費するため、高速製織が出来ません。 大量生産には向いて内分、手作りの風合いをもったとても温かみのある生地を織ることが出来ます。 シャトル織機で製織した生地には柔らかい肌触りの耳(セルヴィッチ)が出来るのが特長です。 シャトル織機は現在生産されておらず、大変貴重なものとなっております。はんぷ屋さんではこのシャトル織機を60台所有しています。
「先染め生地」とは、糸を先に染めてから織り上げている生地のことです。 通常、帆布は白糸で生地を織り上げてから色を染める「後染め加工」が行われていましたが、はんぷ屋さんでは白生地機屋(しろきじはたや)にとってタブーとされていた先染めの糸を使って帆布を織り上げたのです。

また、現在では数少なくなった「シャトル織機」で製織されることにより、独自の風合いと厚さを実現させました。ユナイテッドビーズのストライプシリーズの帆布は、その大変珍しい先染めの生地を使用しています。プリントでは決して楽しめない風合いと、上品なストライプが表現されているのが魅力です。 「コーマ生地」とは、上質とされている「コーマ綿糸」を使用して織り上げている生地のことです。 「コーマ綿糸」とは、コーマ通しというくし掛け作業(Combing)を行い、短い繊維などの不良部を取り除いて長い繊維だけを取りだし、ムラなく均一に揃えた強度の高い糸のことです。 毛羽立ちが少なく手触りがよいのが特徴のひとつです。 この「コーマ糸」を撚って帆布の生地に織り上げた「コーマ生地」はまさに上質品です。牛革と組み合わせた商品は丈夫で実用的かつ品格があります。

綿帆布は自然素材ですので、濡れたときは陰干にしてください。原則として洗濯はお避け下さい。 使用部品のサビの原因になったり、洗うたびに防水効果が弱くなり、型くずれ等の原因にもなります。洗濯条件によりシミが出る場合もございます。 汚れた場合は、早めにその部分を中性洗剤を薄めて、柔らかいブラシで軽くこすって下さい。 汚れを落とす等の定期的なお手入れをおすすめ致します。