ユナイテッドビーズのOEM

ユナイテッドビーズは広島県福山市の文具雑貨メーカー。私たちはOEM(受託生産)も行っています。 繊維業とアパレル生産の盛んな地元備後の縫製工場など、多彩なネットワークを活用し、お客さまの作りたい思いを実現できます。 また、商品の生産のみならず、国内20拠点の直営店Luluでの販売までサポートすることで、商品の企画から販売までおまかせいただくことも可能です。

備後絣

絣(かすり)は織物の技法のひとつで、先染めにした糸を経糸(たていと)、緯糸(よこいと)、またはその両方に使用して文様を織り上げます。 絣の技術はインドで生まれたとされ、東南アジアを経て日本には琉球経由で伝わりました。日本で「かすり」と呼ばれるようになったのは江戸時代後期からで、 当時は各地でさまざまな絣が織られ量産されました。その後、時代の変遷とともに量産品としての需要は減少しましたが、現在では久留米絣、伊予絣、備後絣が日本三大絣とされています。 広島県福山市新市町~芦田町で製造される備後絣は、希少なシャトル織機で手間と時間をかけて織り上げます。素朴で風合いの良い藍染めの木綿糸をベースに、多彩な伝統柄が表現された絣です。

倉敷帆布

糸を染めてから織る先染めの技法、厚手の帆布を縫製できる技術など、備後地方ならではの土壌から生まれた鮮やかなストライプ。 岡山県倉敷市から広島県福山市にまたがる備後地方は、かつて綿花栽培が盛んであったことから撚糸・染色・縫製の技術が発達しました。 その技術は地域の産業として受け継がれ、現在でも倉敷では国産帆布の約7割を生産しています。古くからテントやお酒・醤油つくりのコシ布といった様々な日用品に利用されてきた国産帆布は、 外国産の大量生産される帆布に比べ、厚く丈夫で耐久性に優れています。私たちは、倉敷の帆布を産業用途としてではなく、ブックカバーやペンケースといった文具、 バッグをはじめとするファッションアイテムの素材として用いて、普及させてきました。

岡山デニム

戦後日本では輸入の中古ジーンズが人気になり、1965年には岡山でもアメリカのデニム生地を使った本格的なジーンズ生産が始まります。 岡山県から広島県にまたがる備後地方は昔から繊維産業が盛んで、染色・縫製などの技術が受け継がれてきました。そうした土壌もあり、技術開発の末、 高品質なデニム生地が岡山で生産されるようになりました。現在では、海外の高級ブランドも岡山から生地を仕入れるなど、国際的にも「ジャパンデニム=オカヤマデニム」として知られるようになっています。 デニムの縫製に長けた備後の縫製工場で製造されるペンケースやブックカバー、バッグやポーチなどの雑貨アイテムは、日本のジーンズと同じく比類なく高いクオリティを誇ります。

三河刺子

刺子(さしこ)とは、綿布を重ね合わせ一面に細かく刺し縫いにすること。そのようにして縫われた布地は暖かく、ほつれにも強く丈夫なので、柔道着・剣道着・消防服などに用いられました。 江戸から明治にかけて、綿工業が盛んだった愛知県三河地方の伝統技術を活かした刺子木綿は凹凸が多いため通気性に優れ、一年を通して快適に使用できます。 また、伝統的に刺子は幾何学模様等の図柄が刺繍されるため、現代では手芸・工芸の域を超え、その機能性と審美性が海外でも高く評価されています。 機能性と美しさを兼ね備えた三河の刺子木綿が、毎日手に持ち扱えるアイテムへと生まれ変わりました。

国産素材で地方創生

日本の伝統素材を商品に

日本の地方色豊かな素材をご紹介ください。高精度なパターンと縫製技術で、独自の素材をカタチにできます。ひとつの素材から数多くの商品を一緒に創っていきましょう。

製造から販売までサポート

商品の生産のみならず、国内20拠点の直営店Luluでの販売までサポートすることで、商品の企画から販売までおまかせいただくことも可能です。委託販売など取扱形態もご相談ください。

スケジュール:ご相談は無料です

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ用アンケートページ

ユナイテッドビーズ株式会社 〒721-0954 広島県福山市卸町1-15 TEL 084-982-9543 FAX 084-982-9544

http://www.united-bees.jp